中等部とは

子供の成長と勝利へのコミット
~未来で価値あるために~

本気で野球に取り組む子供たちに野球の知識と技術、そして野球を通じての礼儀やマナーも指導します。
ただ野球がうまくなるのではなく、人として成長し、本校での体験を通じて未来へつながる経験をしていだきます。試合の勝利とともに人としての勝利もめざします!

礼儀を大切に!
『HARD&ENJOY BASEBALL』
野球の本質を楽しむ!

関メディベースボール学院中等部は、野球を通じての礼儀やマナーを指導すると共に、将来に繋がるための指導方針を基に、コーチングスタッフと選手が目標に向かって共にグラウンドで汗を流しています!

※中等部では保護者会や当番は一切ありません。

将来に向けての指導プログラム

日本で最もメジャーなスポーツである野球。近年では、メジャーで活躍する多くの日本人プレイヤーを見て、将来プロ野球選手を夢見ているプレイヤーは増え、練習に励んでいると思います。

しかし、小学3年生頃から肩や肘を痛め投球禁止や障害の後遺症に悩むことも少なくありません。将来性のある子供達にとって成長期である中学生の時期は非常に大切な時期であり、体力年齢に応じて段階的に指導する必要があります。

関メディベースボール学院は、野球を通じての礼儀やマナー指導すると共に、将来に繋がるための指導方針を基に、スタッフと選手が目標に向かって共にグラウンドで汗を流しています。

成長期に合わせ無理のない指導

身体的な成長の速度は個人差が大きく、一人ひとり個別の対応が求められます。故障しない体作りを技術スタッフ、トレーナーが年齢や時期に応じたトレーニングメニューで選手達をサポートしていきます。

募集について

2023年度の新人募集は終了いたしました。中途入部希望につきましては若干名募集をいたしております。応募をご希望の方は、まずはお問い合わせください。見学方法や、指導の詳しい内容にやその他ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

途中入部者募集
随時説明会実施

【お問い合わせ】
事務局:0798-41-7055

メールでのお問い合わせ

費用について

中等部の入部金・月謝など、費用に関することは以下のページからご確認ください。

指導者について

プロ野球や社会人野球など、現場での経験豊富なスタッフが、ひとりひとりの個性に合わせた無理のない指導をいたします。
育成方針や練習方法についてはぜひ一度体験会にご参加ください。くわしくはお気軽にお問い合わせください。

中等部 卒部生進路実績

関メディベースボール学院、中等部卒部生の進路実績はこちらからご覧ください。

中等部スタッフ

中等部OBの活躍

2022夏の甲子園出場情報

第104回全国高等学校野球選手権大会
中等部OB 出場選手 ☆3名
□敦賀気比高校(福井県) 高橋 佑輔(捕手)
□京都国際高校(京都府) 平野 順大(投手)、秋山 海聖(外野手)
 

2022センバツ出場情報

第94回選抜高等学校野球大会
中等部OB 出場選手 ☆3名
□敦賀気比高校(福井県) 高橋 佑輔(捕手)
□京都国際高校(京都府) 平野 順大(投手)、秋山 海聖(外野手)

2021夏の甲子園出場情報

第103回全国高等学校野球選手権大会
中等部OB 出場選手 ☆3名
□敦賀気比高校(福井県) 沼田航(外野手)
□智辯学園高校(奈良県) 安藤壮央(捕手)
□京都国際高校(京都府) 平野順大(投手)
 

2021センバツ出場情報

第93回選抜高等学校野球大会
中等部OB 出場選手 ☆5名
□鳥取城北高校(鳥取県) 太田 英之介(外野手)
□敦賀気比高校(福井県) 沼田 航(外野手)
□智辯学園高校(奈良県) 安藤 壮央(捕手)
□京都国際高校(京都府) 平野 順大(投手)、秋山 海聖(外野手)

中等部OBからのメッセージ 2022

敦賀気比高校
中等部OB 高橋佑輔選手からのメッセージ

皆様、ご声援ありがとうございました。

僕は小さいころから野球が好きで小学生になってから本格的に野球を始めました。高校野球、プロ野球観戦で甲子園へもよく行っており、その時から僕は自分もこの場所に立ちたい!
ここで試合をしたい!
と思うようになりました。

敦賀気比に入り、なれない寮生活、今まで以上にハードな練習で、正直ここまでくるのは苦労や困難な事ばかりで、本当に大変な道のりでした。
「がんばれよ!」「甲子園出てな!」
などたくさんの励ましの言葉をいただきました。
とてもありがたいことなのですがそれが時にプレッシャーになることもありました。
甲子園に出場したい!と言う夢を叶え、敦賀気比で野球が出来た事を今は本当に良かったと感じています。

僕がこの2年半で大切だと思ったことは
「努力」「考え方」「感謝の気持ちです」です。

まず努力は、継続してやることが大切だと思います。数が減ってもいいから毎日やることに意味があると考えています。努力するにあたって周りをあまり気にしなくて良いと思います。周りに流されず自分に強い意志を持って下さい。
たとえその努力が実らなかったとしても決して無駄ではありません。それは身をもって感じました。

次に考え方です。考え方1つで本当に気持ちや行動が変わってきます。
例えば
「下手くそ、野球やめろ」
とか言われたとしてもそこで
「あぁー、自分は下手くそなんや」
と思って気持ち的に落ち込んでしまうのか
「言われて悔しい、見返したい」
という気持ちをバネにして
「やってやろう!」
となれるかでは天と地ほどの差があります。
プラス思考、ポジティブになることで気持ち的にも楽になりますし、次第に自信がついてプレーも良くなっていきます。
自分を信じてやっていく事が大切です。

最後に感謝の気持ちです。
今までお世話になった指導者の方々、応援して下さった方々、そして両親に本当に感謝しています。
いろいろな方からの助け、支えがあったからここまでこれたと言う事を決して忘れてはいけないと思っています。
今、野球が出来ていることが当たり前だと思わず感謝の気持ちを忘れずに野球をしてください。

大変なことももちろんあります。それでも諦めずに頑張ってください。

後輩たちの活躍を楽しみに応援しています。

敦賀気比高校
高橋佑輔

京都国際高校
中等部OB 平野順大選手からのメッセージ

皆皆さん沢山のご声援ありがとうございました。

僕は今振り返って高校野球をやってきてとても楽しかったと思います!
もちろん楽しいことばかりではなく、辛いこともたくさんありましたが、そこで支えてくれる仲間に出会えたことも本当に良かったと思います!
それに最後の夏ずっと憧れだった甲子園という場所でプレー出来たことが本当に嬉しかったです!
でもずっと目指してきた日本一にはなれなかったので、中等部のみんなの中から日本一になってくれる人が出てくれることを願っています!
そして最後に支えてくれる家族や仲間応援してくれる人達を大切にして頑張ってください!
後輩達の活躍を楽しみにしてます!

感謝

京都国際高校
平野順大

京都国際高校
中等部OB 秋山海聖選手からのメッセージ

秋山海聖
皆様、暖かいご声援をありがとうございました。

2年生の春から4季連続と、甲子園に出場出来たことはこれからの人生においてとても良い経験をさせてもらえたと思います。選抜辞退からうまくいかないことが続きましたが最後の夏こうやってみんなで掴んだ甲子園は今までにない嬉しさ、喜びがありました。

高校野球の半分以上が辛くて険しく、先が見えない毎日ですが野球ができる喜びもこの2年半で学ばしてもらったと思います。
自分は周りの人から見て体が小さく最初は戸惑いましたが自分なりの野球での生き方を見つけて今の自分がいると思います。なんでも身体が大きいからいいなと思わなくても工夫すればなんとかなります。諦めない心を持って野球人生を歩んでほしいなと思います。

この2年半、怪我やコロナ、選抜辞退など色々のことでやめたい時もありましたが、やっぱり家族、仲間がいたからここまで続けてこれたと思います。野球をやる以上は感謝を忘れずにやってほしいです。
関メディの後輩たちが甲子園に出て活躍している姿を見れることを楽しみにしています。
沢山のご声援ありがとうございました。

京都国際高校
秋山海聖

中等部OBからのメッセージ 2021

敦賀気比高校
中等部OB 沼田航選手からのメッセージ

皆様、沢山のご声援ありがとうございました。
コロナ禍で甲子園が開催された事、甲子園でプレー出来たこと、本当に嬉しく思います。
皆様のご声援のお陰もあり、ベスト8まで勝ち上がることが出来ました。本当にありがとうございました。
自分にとって甲子園は本当に最高な場所でした。
でも甲子園にたどり着くまでは本当に辛かったです。
高校野球はほとんどが辛いことしかないと思います。
それでも折れない心を持ち、甲子園に出るという目標を持って一生懸命練習すれば必ず結果はついてくると思います。
自分は悔いの残る高校野球
最後のミスは一生忘れないと思います。でも最高の仲間と一緒に甲子園で試合したことも一生忘れないと思います。
仲間や両親、他にも感謝しないといけない方々への感謝の気持ちを忘れなかったら辛いことがあっても頑張れると思います。
野球ができる環境に感謝し、一生懸命頑張ってください。
甲子園で関メディの卒業生が活躍するのを楽しみにしています。

感謝
敦賀気比高校 沼田

準優勝 智辯学園高校
中等部OB 安藤壮央選手からのメッセージ

皆様、ご声援本当にありがとうございました。
2年半前に親元を離れ、不安や希望を繰り返す毎日でしたが、振り返ってみればあっという間に月日が経ったように思えます。 小学校1年から野球をやり続けてきたからこそわかる簡単には掴みとれない甲子園決勝の舞台にたてたことは、今でもちょっと信じられません。
僕には最高の仲間達がいて、そして全力で応援してくれた両親、支えてくれた方達が僕を最高の場所に導いてくれたのだと感謝しかありません。
これから新しいステージに向かう後輩達に言えるのは、毎日毎日目標を持って小さな事でも感謝を忘れないで欲しいと言うことです。
選手がそれぞれの野球人生を歩みそれが必ずこれからの糧になると思います。
立ち止まったりするかもしれないけど、諦めずに自分の力を信じて最高の野球人生を経験してください。

ありがとうございました。
これからの後輩達の活躍を楽しみにしています!

智辯学園高校 安藤壮央

京都国際高校
中等部OB 平野順大選手からのメッセージ

今大会も沢山のご声援、本当にありがとうございました。とても力になりました。

野球を始めた時から憧れていた甲子園という場所で野球ができた事を本当に嬉しく思います。
甲子園という場所で野球が出来たのは今まで野球を教えてくださった指導者の方々や、応援してくださった方々、そして野球を始めるきっかけをつくってくれた両親のおかげです。本当に感謝しかないです。

これから高校野球をする後輩達に伝えたいことは身体のケアの大切さです。高校になると練習量も増えたりするので今まで以上に怪我をする可能性が高くなります。怪我をすると練習が出来なくなってしんどい思いをすると思います。
僕も高校にはいってから怪我が多くて満足に練習が出来ずしんどい思いをしました。なので怪我をしないように練習前と練習後のストレッチなどをしっかりしてください。怪我をしないことが自分の成長に1番繋がると思います。

そして仲間を大切にして高校野球を頑張ってください。仲間が居るからこそ辛い事も乗り越えれる事ができます。仲間が居るからこそ沢山の勝利を味わえます。後輩達も仲間を大切に夢に向かって今を頑張ってください!

ありがとうございました。
そして2年連続春・夏出場!
全国制覇を達成するため先ずは秋の大会を頑張ります。引き続きご声援宜しくお願い致します。

京都国際高校 平野順大

中等部実績

主要大会


第10回ヤングリーグジュニア選手権大会
ベスト8


第10回ヤングリーグジュニア選手権大会
支部予選優勝

第30回ヤングリーグ春季大会
支部予選優勝
第17回タイガースカップ2021
中学硬式野球関西NO.1決定戦 準優勝


第16回タイガースカップ2020
中学生硬式野球関西NO.1決定戦 ベスト8


第15回タイガースカップ2019
中学生硬式野球関西NO.1決定戦 ベスト4

第27回ヤングリーグ選手権大会出場

第26回ヤングリーグ春季大会出場

第24回ヤングリーグ選手権大会出場

地方大会


第8回堺市長杯フューチャーズリーグ 優勝

第2回まるはりカップ中学生大会 優勝


第5回南大阪BBC杯優勝


第7回「夢」兵庫県中学硬式野球大会 初優勝


第21回三重大会優勝


第45回泉大津大会優勝


第3回南大阪BBC杯優勝

第12回京都大会優勝

News

PAGE TOP