進路実績

卒業生進路実績

  • プロ野球・独立リーグ等
  • ・福岡ソフトバンクホークス
  • ・千葉ロッテマリーンズ
  • ・徳島インディゴソックス
  • ・香川オリーブガイナーズ
  • ・群馬ダイヤモンドペガサス
  • ・興農ブルズ(台湾)
  • 社会人チーム
  • ・NTT西日本
  • ・伯和ビクトリーズ
  • ・西部ガス
  • ・沖縄電力
  • ・永和商事ウィング
  • ・新日鐵住金鹿島
  • ・日本新薬
  • ・三菱自動車岡崎
  • ・シティライト岡山
  • ・カナフレックス
  • ・ホンダ鈴鹿
  • ・NOMOベースボールクラブ
  • ・滋賀・高島ベースボールクラブ
  • 一般就職
  • ・株式会社山晃食品
  • ・株式会社ヤブサダイナミックス
  • ・医療法人 健昌会
  • ・セクソ株式会社
  • ・医療法人ひらまつ病院
  • ・のぞみ整形クリニック
  • ・株式会社リンツコーポレーション
  • ・伊藤超短波株式会社
  • ・株式会社ユニテック
  • ・株式会社スクールパートナー
  • ・株式会社小松製作所
  • ・佐川急便株式会社
  • ・ヤマト運輸株式会社
  • ・株式会社トナックブーケ
  • ・野田屋商工株式会社
  • ・有限会社田寺商会
  • ・有限会社三木水道工業所
  • 大学進学
  • ・駒澤大学
  • ・創価大学
  • ・日本体育大学
  • ・徳山大学
  • ・日本大学国際関係学部

卒業生の声

中濵 良 | 2013年度卒業

中濵 良

> ホンダ鈴鹿
私は大学野球が終わり一度は野球をあきらめ一般就職しようかと考えていましたが、どうしてもあきらめ切れず最後のチャレンジと思い入学しました。
学院では多くの社会人企業チームと対戦し、自分達選手がアピール出来る環境でした。そして野球以外の面でも社会に出てから恥ずかしくないように指導していただきました。次のステップでも、これまで以上に精進し恩返しが出来るように頑張りたいと思います。
本当にありがとうございました。

前仲 正志 | 2013年度卒業

前仲 正志

> シティライト岡山
私は入学してすぐに社会人野球の厳しさを実感しましたが、3年間野球に対する取り組み方や考え方、生活面では礼儀などを学び企業チームへの就職を実現することが出来ました。
今後は、野球と仕事を両立することが出来るよう頑張っていきたいと思います。監督をはじめスタッフの皆さん、3年間ありがとうございました。

松本 佳大 | 2013年度卒業

松本 佳大

> シティライト岡山
私は学院での3年間で野球の技術、体力、取り組み姿勢、礼儀、挨拶など多くのことを学ぶことが出来ました。社会人野球では、これらのどれが欠けてもレベルアップすることは難しいということを感じました。信頼できる仲間やスタッフの方々の熱意、日々の練習やトレーニング、コンディショニングなどプロや社会人企業チームを目指すにはやりやすい環境だと思います。
今後のステップでは、学院での経験を生かして活躍します。3年間ありがとうございました。

松浦 真樹 | 2013年度卒業

松浦 真樹

> 三菱自動車岡崎
学院では野球の技術をはじめ、野球理論、野球に必要なトレーニングを基礎からきっちりと学ぶことが出来ました。また、礼儀やマナーなどが野球を続けていく上でもとても大切だということも社会人企業チームと試合をする中で感じることが出来、生きた経験が出来たと思います。
企業チームでも一日一日を精一杯頑張り良い結果を残すことができるよう頑張ります。3年間ありがとうございました。

久保 祐太 | 2013年度卒業

久保 祐太

> カナフレックス
私は学院では、社会人野球の細やかな野球と社会人としての礼儀やマナーを指導していただきました。それまでの自分に足りなかったことを少しずつですが克服していき企業チームに進むことが出来、監督をはじめスタッフの皆さんには感謝しています。
来年は社会人選手として1年目からレギュラーの座をつかみ頑張っていきたいと思います。3年間本当にありがとうございました。

丹羽 将弥 | 2013年度卒業

丹羽 将弥

> 日本新薬
私は、学院に入学して野球の事はもちろん、社会人野球選手としての礼儀やマナーなど自分に足りていなかった事を学ばせていただきました。
そして、これからは学院で学んだことを活かし、1年目からレギュラーの座をつかみ取り、チームに貢献できるよう頑張りたいと思います。
短い期間ではありましたが、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

狩野 翔平 | 2012年度卒業

狩野 翔平

> 永和商事ウィング
私は、学院では自分に何が必要でどのようにトレーニングをすれば良いのか?自分の体がどのような状態なのか?など、ポイントをしっかりと理解しながら過ごせたことが良かったと思います。その結果、試合でも良い成績を収めることが出来、2年生の時には都市対抗の補強選手に呼んでいただくことが出来ました。
今後は、チームの軸になり活躍できるよう、さらに努力していきたいと思います。
監督はじめスタッフのみなさん、3年間ありがとうございました。

石塚 真悟 | 2012年度卒業

> 新日鐵住金鹿島
新日鐵住金鹿島に入社させていただくにあたって期待と不安がありますが、
学院で学んだ事を前面に出し、自分の持ち味である「元気ハツラツ」なプレーで、1年目からアピールしていきたいと思います。
監督をはじめ、スタッフのみなさん、ありがとうございました。

今村 幸志郎 | 2012年度卒業

今村 幸志郎

> 西部ガス
私は学院で多くの事を学びました。野球における技術面はもちろん、挨拶や礼儀、またメンタル面でも成長できたのではないかと感じています。 今後は、この経験を活かし、会社での仕事や野球に取り組んでいこうと思います。
監督をはじめ、スタッフの皆さんには本当にお世話になりました。
心から感謝しています。ありがとうございました。

吉田 勇一郎 | 2010年度卒業

吉田 勇一郎

> 伯和ビクトリーズ
私は、大学野球を経て関メディベースボール学院に入学しました。
正直、大学野球が終わり、一度は野球を辞めようかとも思っていましたが、
諦めきれず、野球ができる所を探していたところ、関メディベースボール学院に出会い、もう一度野球をするチャンスを与えていただきました。
関メディベースボール学院では、学生という立場でありながら、社会人野球というアマチュア最高峰の舞台でプレーすることができました。
また、プロ野球チームとの交流戦や社会人企業チームとの試合を数多く経験できるなど、私達にとっては自分達をアピールすることができる素晴らしい環境でした。
私は、卒業後、企業チームの伯和ビクトリーズに入社することが決まりました。
次のステップでも、これまで以上に精進していくとともに、後輩達が上の舞台に行きやすくなるように、私自身がしっかりと道を作っていきたいと思います。
3年間本当にありがとうございました。

安井 一平 | 2010年度卒業

安井 一平

> NTT西日本
私は関メディベースボール学院で色々なことを教わりました。
例えば、トレーニングでは、以前はただ筋肉を付けようと思い、がむしゃらに行なっていました。しかし入学してからは、どの筋肉が何のために必要なのかなどを考えるようになり、トレーニングに対する意識がかなり変化したと思います。
また、指導者にはプロ野球経験者の方々がおられ、練習方法だけでなく、野球に対する取り組み方や心構えなど本当に様々なことを教わることができました。
そして、一人の社会人としての礼儀やマナーを徹底的に指導していただき、人間的にも成長させていただけたように思います。
この3年間で学んだことを財産として次のステップでも継続し、プロ野球というステップに進めるようがんばっていきます。

高畠 裕平 | 2009年度卒業

> 日本体育大学(通信制高校卒業)> 新日鐵住金鹿島
関メディベースボール学院に入学してから1年半になりますが、この1年半の間に野球を通して色々なことを学びました。

入学当初は、まだ高校2年生だったので、わからないことばかりだったのですが、周りの先輩方と話をしたり、野球を一緒にしたりすることで、自分の知らなかったことや間違っていたことを教えてもらい、色々勉強になりました。
自分の野球に対する考え方や、見方がこの1年半で大きく変わったと思います。
また、井戸監督に変わってから、練習もハードになり、毎日のように怒られてきたのですが、そのおかげで精神的にも技術的にも成長しました。
ケガをしても、すぐにケアをしてもらうことができ、治してもらえるこの環境の良さと指導陣の素晴らしさは、野球をしている私たちにとって本当に最高の場所でした。
病気で高校を中退したにもかかわらず、日本体育大学に野球で推薦入学が決まり、摩季学長をはじめ、井戸監督や関メディスタッフ、先輩方には本当に感謝しています。

これからは、また新たな場所で野球をすることになりますが、関メディベースボール学院の出身者として恥ずかしくないように精一杯がんばって活躍していきたいと思います。
辛いこともありましたが、今はこの関メディベースボール学院で野球ができ、本当に良かったと思っています。

1年半という短い間でしたが、本当にありがとうございました。